ドルトムントのファンが優勝で大暴れ!?

優勝を喜ぶファンがピッチに乱入

日本代表の香川真司も所属するドルトムントは、
ドイツブンデスリーガの優勝を決めたものの、
思わぬ出費を強いられることになった、という記事を読みました。

今季の最終戦となったフライブルク戦を4-0で勝利した試合後、
優勝のトロフィーであるマイスターシャーレを掲げ、
スタジアムに詰めかけた8万人のファンを喜ばせました。

しかし、喜びのあまり興奮したドルトムントの一部ファンが、
ピッチに乱入し、記念に持ち帰るために芝をはがしたり、
ゴールポストを壊したりと大暴れをしたとのこと。

世界でも有数の模範的なリーグといわれる、
ブンデスリーガのファンでも暴れることがあるのかと、
ちょっと驚いてその様子の動画を見てみました。



ん~、確かに芝剥がしています。ゴールポスト解体してます。
でも暴れているという感じではないんです。
見た感じは、せっせと作業をしているという雰囲気です。

さらに、それをやっているのはごく一部で、
あとは旗を振ったり、芝に寝そべって感触を楽しんだり、
途中で発煙筒を焚き始めたのが一番過激に見えた程度。

ドルトムント側が容認しているようにも見える

別に警官や警備員に止められてもいないけど、
本気で排除する気ならドイツの国民性だと徹底的にやりそうだし、
これって本当に大暴れなんでしょうか?

私はイタリアやアルゼンチンで、
優勝が決まったとたんにファンが乱入して来て、
選手の身ぐるみ剥いでる光景を連想してたので、かなり拍子抜け。

ピッチの中央付近はしっかり警備員がガードして、
優勝セレモニーか何かが行われている様子だし、
それ以外のところは放置状態。

元々暗黙の了解なのか、止めても無駄だと諦めたのか
なんだかドルトムント側も容認しているような感じで、
ちょっと度の過ぎた無礼講という印象です。

その結果、芝の張り替えとゴールポストの新調が必要になり、
かかる費用は総額20万ユーロ(約2100万円)。
優勝賞金やファンの満足を考えれば安い…といえるのでしょうか?

それにしても一番興味深かったのは、
日本の高校球児が甲子園の砂を持って帰るのと同じように、
ドイツ人にも記念に芝を掘って持って帰る習慣があることでした!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録



ベネッセの食材宅配【ママ&ベビーコース】

ベネッセの食材宅配【ママ&ベビーコース】とは

あなたが心配している放射能についても、ベネッセの食材宅配が放射能検査を野菜のみ開始の記事がありました。

他にも、

・ママと赤ちゃんに食べてもらいたい食材と栄養士が赤ちゃんとママの栄養を考えたレシピをお届けします。国産のものを中心にお届けします。

・月齢別に取り分け方に工夫があるから、大人と赤ちゃんのメニューをいっぺんに作れます。親子で一緒のものを食べるおいしさを感じてください。

・手軽にバランスよいごはんを楽しむために、ぜひペースメーカーとして「ママ&ベビーコース」をお使い下さい。さらに4食以上ご利用したい方はキッズコース(フリープラン)もございます。

・さらに、重たい荷物やかさ張る荷物も食材といっしょにお届け! 水やトイレットペーパー、あると便利な無添加の冷凍食品なども一緒にお届けします(配送料無料)

などなど、あなたにとっては気持ちの軽くなるような紹介が、いろいろあるようです。

ベネッセの食材宅配【ママ&ベビーコース】があれば、あなたの気苦労も減ってゆくかもしれません。

ベネッセの食材宅配【ママ&ベビーコース】

タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ