大相撲、体格基準緩和で入門者は増えるのか?

身長・体重の基準を見直し

大相撲の新弟子検査の体格基準が5月の夏場所から見直されることになったそうです。従来は、身長173センチ、体重75キロ以上の第1検査と、運動能力テストを課したうえで167センチ、67キロ以上まで下げた第2検査の2つの基準が設けられていました。

今回の基準見直しでは第2検査を廃止し、体格基準を従来の第2検査の基準であった167センチ、67キロ以上に一本化。さらに春場所に限り中学卒業見込み者は165センチ以上で可とするとのこと。

これは、先日行われた春場所での受検者数が過去最低を更新する34人となったことから、少しでも入門者を増やすために採られた措置。確かに一時は200人を超える合格者を数えていたのが、昨年の合格者は60人にまで落ち込んでいました。

さらに、近年の日本人横綱の不在に象徴されるように、外国人力士の活躍に押されっぱなしの現状があるうえに、今年は受検者(合格者ではない)そのものがたったの34人ですから、その人材難は深刻です。

問題は体格基準?

門戸を広げて少しでも受検者を増やそうという試みは無駄ではないかもしれませんが、体格が原因で受検を断念する若者がどれだけいるのでしょう? 従来の基準でも豊ノ島関のように運動能力テストに合格すれば、小柄な人の入門は可能だったのですから。

基準緩和によって、小柄なうえに運動能力テストに合格できないような身体能力の低い人が入門できたとしても、体格差によるハンデと厳しい稽古に耐えて大成できる可能性は、極めて低いことが容易に想像できます。

私もそうですが、小柄な力士、軽量力士を応援する相撲ファンは少なくありません。体の小さい人の中から強い力士が出てくれば、大相撲の盛り上がりに一役買うことは期待できます。しかし、今回の基準緩和が直接それに結びつくとはあまり思えません。

人材確保のためにはそれよりも、もっと根本的な改革が必要なのでは? 弟子への暴行や虐待、八百長、野球賭博など、この数年間だけでも単なるイメージダウンだけで片付けられない問題が続出し、そのたびに協会は関係者の処分や対策を行ってはいますが、一般人から見れば相撲界の体質が大きく変わっているようには見えないのです。

現状のままでは、相撲部屋に入門しようという若者が減っていくのは当然のこと。以前から言われ続けていることですが、協会を中心とした角界の体質改善、前時代的な部屋制度の見直し、子供のうちから相撲を経験できる環境づくりなど、今こそ長期的な視野に立った改革を実行すべき時なのではないでしょうか。

タグ

iCarとスティーブ・ジョブズ

これでもかというくらい、

死してなおも注目の的になっているスティーブ・ジョブズさん。

巷にはたくさんの名言集が出回っていて、どれを買おうか迷うほどです。。。(買うことは前提)



一見、カリスマ性抜群の素敵なお人~に見えるジョブズさんも、

けっこう頑固者で扱いにくいような人なんだそうですね!

世界のリーダーには変わり者が多いんですが、

そのくらいGOING・MY・WAYなくらいが素質として良いんだと思います。



そんなジョブズさんですが、ここにきて新たなニュースが!!

iPhoneやらiPadやらですら驚いたのに、

なんとiCarなるものまで構想していたらしいのです!!



アップルの社外取締役のミッキー・ドレクスラーという方が、

生前のジョブズさんから聞かされていたのだそうです。

アップルのハードたちを進化させた車ですよね、驚き。



iCarのニュースを聞いて思い出したのが、

ディズニーランドを作ったウォルトさんの話。



実は生前のウォルトさん、ディズニーランドを実現させるために一生懸命やっていたのですが、

まさにオープン!というときになって、亡くなってしまったんです。

夢が始まる前に天国へ行ってしまったんです。



これを知ったある人がウォルトさんの奥さんに、

「オープンしたディズニーランドが見られなくて残念でしたね」と言ったところ、

奥さんは「いいえ、主人はずっと前からこの日を見ていました」と答えました。



実現に至らせる準備をしているかどうかは脇に置いておいて、

ジョブズさんもiCarがどういうものなのか、とっくのとうに脳内で完成させていたと思うんです。

より「現実的」に夢見るちからって、本当に夢を現実に変えるらしいですよ。

タグ

はじめての金環日食!

待ちに待ったこの日がついにやってきました~~!

そう、本日5月21日の朝は金環日食でしたね★

いや~、ずいぶん前から準備していたような気がします。



実のところ、はじめは金環日食についてあまり知りませんでした。

ものすごく星が好きだとかそういうわけでもない私が

金環日食を観察することになったキッカケはひょんなことでした。



知人が通販関係の仕事をしている関係で、

たま~に「サンプルもらったから、どう?」みたいなことが起きます。

つい先日は自宅用のパン焼き機(って呼ぶんでしょうか?)をゲットしました。

まだ使っていませんが。。。(笑)

今回もそのパターンでした。



「近々金環日食があるから、観察用のグラス使ってみない?」ともちかけられたんです。

自分が割とミーハーで、周りの人にホイホイお得情報を流すもんですから、

面白がって色々渡されているみたいなんですよね。

今回も「なにそれ!楽しそう!」というノリで、

三ヶ月以上も前に「太陽観察用グラス」なるものをふたつほど譲ってもらいました。



さっそく見てみると、

ちょっとオシャレめなデザインのフラットなグラスが出てきました~。

こんな感じです。





観察するだけにしてはオシャレでしょ?

あんまりダサいんだとヤル気がでないんで、ちょうどよかったです。(笑)



太陽を直視すると目がやられてしまうので、

金環日食を観察するにはこれが必需品なんだそうです。



自宅付近で見られる金環日食は5月21日の7時半頃だというので、

めずらしく6時に起きて(いつも朝遅めなので・・・)、タイミング確認のためにテレビに張り付いていました。

起きたときはザーザーに降っている雨に激凹みましたが、だんだん雨が上がってきたので「おぉお!」と期待。



10分前くらいに外へ出てみると・・・



NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!!



雲がたっぷりたちこめていて、

太陽って光の多いあの方面?的な状態でした。

おいおいおいおい、頼む!!



一旦帰宅して、3分前になったあたりでドキドキしながら再び外に出ると、

もしかするともしかするかもな嬉しい状態に。

ちょっと晴れ間できてる!!!



太陽が見えない曇りの状態でグラスをかけたら、

真っ暗で何にも見えませんでした。

ちょい凹みながら空を眺めていると・・・



真っ暗だったグラスのなかに、

ぱぁ~っと輪っかの光が浮かびあがりました。



きたーーーーーーー!!!!!!!



まさに雲の切れ目から、輪のようになった光がキラキラと輝いていました。

グラスをかけていても、くっきりはっきりと見えました。



う・・・美しい♪♪♪



はじめての金環日食を体験した瞬間でした。

試しにグラスを外してみると、まぶしくて見れない・・・

まさにグラスさまさまの状態でした。



ルンルンになって家に帰ると、テレビはどれもこれも金環日食の特番。

個人的にはスマップのコメントがさわやかで良かったです。(笑)



曇っていたどの地域でも、金環日食になった途端晴れ間が差した、ということを言っていて、

金環日食になると引力か何かがいつもと変わって、

雲をどける作用があるのでは・・・なんて思ったくらいです。

不思議ですよね。



今年はほかにも、6月6日に金星が太陽を横切ったり、

8月14日には金星食が見られたりと、

天体観測ラッシュみたいですよ★



6月6日には今回の太陽観察用グラスが再び大活躍を見せてくれそうな予感!

なくさないように大事にしまっておこうと思います。

タグ



ベネッセの食材宅配【ママ&ベビーコース】

ベネッセの食材宅配【ママ&ベビーコース】とは

あなたが心配している放射能についても、ベネッセの食材宅配が放射能検査を野菜のみ開始の記事がありました。

他にも、

・ママと赤ちゃんに食べてもらいたい食材と栄養士が赤ちゃんとママの栄養を考えたレシピをお届けします。国産のものを中心にお届けします。

・月齢別に取り分け方に工夫があるから、大人と赤ちゃんのメニューをいっぺんに作れます。親子で一緒のものを食べるおいしさを感じてください。

・手軽にバランスよいごはんを楽しむために、ぜひペースメーカーとして「ママ&ベビーコース」をお使い下さい。さらに4食以上ご利用したい方はキッズコース(フリープラン)もございます。

・さらに、重たい荷物やかさ張る荷物も食材といっしょにお届け! 水やトイレットペーパー、あると便利な無添加の冷凍食品なども一緒にお届けします(配送料無料)

などなど、あなたにとっては気持ちの軽くなるような紹介が、いろいろあるようです。

ベネッセの食材宅配【ママ&ベビーコース】があれば、あなたの気苦労も減ってゆくかもしれません。

ベネッセの食材宅配【ママ&ベビーコース】

このページの先頭へ